施工の流れ

  • 新築工事の流れ
  • リフォームの流れ
  • 古民家再生の流れ

新築工事の流れ

家づくりはまず、お客様の家に対する要望をお聞きしたり、趣味の話や、好きな音楽の話、子育ての話といった「会話」から始まります。それはお客様と私たちお互いを知るための大切な時間です。また、家づくりにあたってもうひとつ大切な事、それはご予算の話です。本体工事、別途工事などの予算を把握して総予算を検討します。土地をお持ちの方はもちろん、お持ちでない方もご相談ください。

敷地確認・オリジナルプランのご提案

建物を建てる為の諸条件を確認します。敷地測量・建ぺい率・容積率・道路幅・隣家位置。お聞きしたご要望をもとに、お客様だけのオリジナルプランを作成します。修正なども行い、プラン決定後に設備関係などの図面を作成します。その後、概算見積と資金計画書と共にご提案させていただき、仮住まい等ご相談、外部付帯・解体工事などの打ち合わせを行います。

見積書提出・ご契約

決定した設計図をもとに見積書を提出します。工期の仮設定、ご融資の関する手続き及びお支払条件についてお打ち合わせさせていただきます。次に契約金額、支払条件のご確認を行い、確認申請・解体工事・地盤調査・地鎮祭・仮住まい・借入れ手続き等、着工までのスケジュール打ち合わせ。契約金のお支払いはこの時にしていただきます。

着工・近所挨拶・基礎工事着工

近隣へのご挨拶もとても重要なことです。そして地盤調査(JIOなど第三者機関による調査)、地鎮祭を済ませた後、基礎工事(もしくは解体工事)を着工いたします。その時、配筋調査(JIOなどの第三者機関による調査)も合わせて行います

上棟(建前)、木工事・内外部工事・仕上げ工事

家の骨組みを仕上げます。骨組み・金属調査(JIOなどの第三者機関による調査)上棟時お支払いなど壁紙など仕上げ材の種類、色合わせ・電気スイッチ・コンセント位置等の決定、確認をしていきます。中間金のお支払いなど。

工事完了検査・竣工、お引渡し

第三者機関の厳しい検査を受け、全ての工事が完了です。その後お客様の検査をお願いします。最終金のお支払い(追加工事の清算)入居可能な状態にして、いよいよ引越しです。アフターメンテナンスの始まり、笑顔でお会いできるよう務めます。

  • 新築工事の流れ
  • リフォームの流れ
  • 古民家再生の流れ

リフォームの流れ

家づくりはまず、お客様の家に対する要望をお聞きしたり、趣味の話や、好きな音楽の話、子育ての話といった「会話」から始まります。それはお客様と私たちお互いを知るための大切な時間です。また、家づくりにあたってもうひとつ大切な事、それはご予算の話です。本体工事、別途工事などの予算を把握して総予算を検討します。土地をお持ちの方はもちろん、お持ちでない方もご相談ください。

現地確認・調査、オリジナルプランのご提案

建物を建てる為の諸条件を確認します。敷地測量・建ぺい率・容積率・道路幅・隣家位置。お聞きしたご要望をもとに、お客様だけのオリジナルプランを作成します。修正なども行い、プラン決定後に設備関係などの図面を作成します。その後、概算見積と資金計画書と共にご提案させていただき、仮住まい等ご相談、外部付帯・解体工事などの打ち合わせを行います。

見積書提出・ご契約

近隣へのご挨拶もとても重要なことです。壁紙など仕上げ材の種類、色合わせ・電気スイッチ・コンセント位置等の決定、確認をしていきます。

近所挨拶・リフォーム着工

近隣へのご挨拶もとても重要なことです。そして地盤調査(JIOなど第三者機関による調査)、地鎮祭を済ませた後、基礎工事(もしくは解体工事)を着工いたします。その時、配筋調査(JIOなどの第三者機関による調査)も合わせて行います

工事完了検査・竣工、お引渡し

自社検査が終われば、全ての工事が完了です。その後お客様の検査をお願いします。最終金のお支払い(追加工事の清算)入居可能な状態にして、いよいよ引越しです。アフターメンテナンスの始まり、笑顔でお会いできるよう務めます。

  • 新築工事の流れ
  • リフォームの流れ
  • 古民家再生の流れ

古民家再生の流れ

まずは、お客様の多様なご要望を聞き取りします。大きく分けて既存民家を修復・改築を行う「現地再生」と、一旦解体して別の場所へ移す「移築再生」の再生方法があります。他にも「部分再生」や「古材再生」もありますのでどの手法を希望されるかお聞かせ下さい。

現地調査・委託設計契約・企画設計業務

古民家再生は代々永く住まわれてこられた大切な財産です。これを継承し暮らしの変化に合わせた満足のいく再生事業には基本調査・詳細調査を行い、現状の歪み、劣化状況を入念に確認します。再生規模にもよりますが、ここで委託設計契約を締結させて頂き、企画設計を行います。企画設計では再生前後の平面図・立面図まで作成して、引き続き打合せを行います。

実施設計契約・御見積り・工事請負契約

概ね企画設計がまとまれば、実施設計契約を締結します。設計図を基に詳細な見積書を作成します。御予算と御見積金額の協議を行い、工事請負契約を締結します。再生規模にもよりますが、実施設計に約1ヶ月、御見積り作成提出に約2週間頂きます。

解体・構造体修復・耐震補強

着工前にお客様と工事担当者で近隣へ御挨拶に廻ります。実施設計に沿って解体を行い、構造体の歪み、沈下、捻れの修復を細心の注意を払いながら行います。耐震性の確保に伴う耐震補強、改修を行います。初期段階での詳細調査が構造体復旧に効力を発揮します。

本体内外部施工・仕上げ・検査・完成

経験豊富な技術者が集い、入念に且つ情熱を持って施工させて頂きます。途中、設計図との相違や仕様変更等があれば、その都度、連絡、協議を行い、場合によっては追加資金の投入が必要な場合があります。各種、設備、仕上げが完了しましたら、お客様立会いのもとに厳密に完成検査を行います。補修、調整等が済み次第、工事請負契約に基づき工事完了と致します。

お引渡し・・・今後のお付合いの始まり

本工事における全ての検査や諸手続きが済み次第、お引き渡しになります。当社では工事が終わった後も、定期的に訪問をさせて頂き、新しい暮らしで気付いた事や不具合等が発生した場合の迅速な対応をさせて頂きます。

  • 新築工事の流れ
  • リフォームの流れ
  • 古民家再生の流れ
このページのトップへ